ポラリス投資顧問株式会社

ホーム > 検索アーカイブ

サービスのご案内

サービスのご案内

会社案内経済指標(国内)経済指標(米国) 指標の見方相場の金言格言先人たちの教訓

GCリアルトレード

当社はゴールデンチャート社と業務提携を締結 その分析データ・株価データを使用しています

検索アーカイブ

エントリーアーカイブ表示

2019年03月13日 アーカイブの検索結果

本日の市況2019/3/13

頑張れ東北!頑張れ日本!
 東北の大震災と津波の大被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。
災害復興していくには大変であると痛感しますがひとつひとつ階段を上がっていかれるように心から応援致します。

★過去の掲載記事の容量が多くなりサーバーにアップデートが困難になりつつあります。
アップを軽くする為に古い掲載分から削除しなければなりません。了承下さい。



101 日経平均   21290円24銭 213円45銭安
出来高  12億2571万株
201 TOPIX 1592.07ポイント13.41安

・業種別値上がり率ベスト3  鉱業 不動産 その他製造
・業種別値下がり率ワースト3 石油・石炭 証券・商品 保険業

今後の展望
★昨夜のNY市場はボーイング株下落が重荷のなかダウ96ドル安で反落。
主力機の墜落事故が嫌気され、ボーイングが大幅に7日続落してダウ平均を押し下げた。ただ、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ停止観測が強まり、米株全体では買い優勢だった。

ボーイングの「737MAX8」が10日に墜落したのを受けて、欧州やアジアで同型機の運航停止が相次いだ。収益への影響が懸念され、ボーイング株は6%安と連日で大幅安となった。1銘柄でダウ平均を166ドルあまり押し下げた。

ダウ平均は小幅に上げに転じる場面もあった。米労働省が12日朝発表した2月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.5%上昇と伸び率は前月から縮小し、2年5カ月ぶりの低さだった。FRBが利上げに動きにくくなるとみて、株買いにつながった。

NYダウ   25554.66ドル96.22ドル安
S&P500 2701.52ポイント8.22高
NASDAQ 7591.031ポイント32.967高
WTI原油  57.09ドル0.30ドル高

★本日の日本市場は上海株安のなか先物売り、政治的リスクで3日ぶりに反落。
前場は前日までの大幅続伸による利益確定売りに加え、中国・上海株式相場が下落したことで投資家心理が悪化。短期志向の投資家が株価指数先物に断続的な売りを出し、現物株指数を押し下げた。寄り付き前に発表された1月の機械受注が市場予想を大きく下回ったことも嫌気された。英国の欧州連合(EU)離脱案否決も売り材料となった。「米中貿易交渉の行方も読めず、世界景気の先行き不透明感を嫌う機関投資家が取引をいったん手じまう動きを強めている」(国内証券ストラテジスト)という。電気機器などの景気敏感株のほか、米国など世界的な金利低下傾向を受けて保険業など金融株の下落が目立った。寄り付き直後には、個人投資家による期末を意識した配当取りの動きから下げ渋る場面もみられたが、一時的だった。河電やフジクラ、TDKが安い。ファストリやソフトバンクグループ(SBG)、T&Dも売られた。一方、マルハニチロや三井不、さらに自社株買いを発表した信越化が買われた。

後場は日銀ETF買い観測も戻り限定のなか個人が配当狙い押し目買いでやや下げ幅縮小。
主力の値がさ株や、米長期金利の低下などを嫌気した金融株に売りが続いた。午前の株安を受け日銀が上場投資信託(ETF)を買うとの思惑は強まっているが、戻りは限定的だった。その後、午前の株安を受けた日銀の上場投資信託(ETF)買い期待に加え、個人投資家が期末配当狙いの押し目買いを入れているが、戻りは限定的だった。市場からは「米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が12日、議会上院の公聴会で米中貿易交渉の最終合意に至るかどうか言及を避けたことで、合意の難しさがかなり意識されている」との声があった。短期志向の投資家が株価指数先物に断続的な売りを出し、現物株指数を押し下げた。ファストリなど主力の値がさ株や、機械・電子部品関連株の下落が目立った。もっとも、下値では個人投資家が期末を意識した配当狙いの買いを入れた。中国・上海株式相場が午後に入り一時上昇に転じたこともあり、大引けにかけ日経平均は徐々に下げ幅を縮小した。TDKやファナック、ダイキンが安い。古河電やフジクラ、日立も売られた。一方、マルハニチロや国際石開帝石、また前日に大規模な自社株買いを発表した信越化は買われた。

市場の声として

「英議会で欧州連合(EU)離脱法案が否決され、「合意なき離脱」が警戒される。朝方発表された機械受注も予想より弱かったことも材料に、短期筋が先物で売りをしかけている」

「短期筋による仕掛け的な先物売りが出ているとの指摘もあった。(現物指数が)2万1000円を再び割り込めば、年初からの上昇トレンドが終了したとの見方も強まる。上値が重いとみた短期筋の一部に下方向を狙う動きがある」

「日銀のETF(上場投信)買いが入っているとみられるが、先物主導で上下に振れやすい状況は変わっていない。海外情勢に不透明感が強く、売買を見送る投資家が多い」

「日経ジャスダック平均が反落、東証マザーズ指数は3日続伸した。全般に上値が重く、値動きの良いバイオ株などに資金が集中した」

等などの見解が聞かれた。

★本日の経済指標ニュース
*1月第3次産業活動指数は106.5、前月比0.4%上昇=経産省
*米中通商交渉、数週間で終結する可能性=USTR代表
*機械受注、1月は3カ月連続減少 設備投資先送りの懸念
*1月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比-5.4%=内閣府
*米2月CPI0.2%上昇、4カ月ぶりプラス
*米9年11カ月物国債入札、最高落札利回り2.615%・最高利回り落札比率78.63%
*米中通商交渉、合意に向けた最終段階であること望む=USTR代表
*米、ルール実効性なければ中国と通商合意せず=USTR代表
*ドイツ、独自の5G基準導入へ ファーウェイ問題でメルケル首相
*2月の米消費者物価総合指数は前月比+0.2%(予想:+0.2%)=労働省
*英GDP、1月は前月比+0.5% 16年12月以来の大幅な伸び
*1月の英貿易収支は130.84億ポンドの赤字=統計局
*1月の英鉱工業生産指数、前年比-0.9%=国立統計局
*中国経済、1─2月は回復トレンド 生産上向き=国家統計局長
*〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=12日先物手口
*〔需給情報〕2市場信用取引現在高、買い残が4週ぶりに増加=東証

 

●スケジュール

日付 国内 海外
(木) 日銀金融政策決定会合(~3/15) 中国2月鉱工業生産(11:00)
《決算発表》 中国2月小売売上高(11:00)
アスクル、神戸物産、稲葉製作、J.S.B.、ジャストプラ、VALUENEX、SAMURAI、鎌倉新書、ヤーマン、三井ハイテ、MSOL、プリントネット、小林産、正栄食、スバル興、きんえい、ドーム 中国2月固定資産投資(11:00)
  米2月輸出入物価指数(21:30)
  米1月新築住宅販売(23:00)
  《米決算発表》
  アドビシステムズ、ブロードコム、ダラーゼネラル、アルタビューティー
15(金) 黒田日銀総裁会見 米3月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)
《決算発表》 米2月鉱工業生産(22:15)
プロレド、ベステラ、モロゾフ、カイカ、丸善CHI、ジェネパ、モルフォ、エニグモ、トリケミカル、サンバイオ、ACCESS、シーズHD、楽天地、アルデプロ、ギフト、OS映  
16(土)    
17(日)    
18(月) 2月貿易統計(8:50) 米3月NAHB住宅市場指数(23:00)
2月首都圏新規マンション発売(13:00)
《決算発表》
ツルハHD
19(火) 2月訪日外客数 独3月ZEW景況指数(19:00)
20年国債入札 FOMC(~3/20)
  米1月製造業受注(23:00)
  《米決算発表》
  フェデックス
20(水) 日銀金融政策決定会合議事要旨(1/22~23開催分) パウエルFRB議長会見
《決算発表》 半導体などの見本市「セミコン・チャイナ」(上海 ~3/22)
クスリのアオキ、石井表記 《米決算発表》
  マイクロン・テクノロジ、ゼネラル・ミルズ
21(木) 春分の日 EU首脳会議(~22日)
米3月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米2月景気先行指数(23:00)
《米決算発表》
ナイキ、コナグラ・フーズ
22(金) 2月消費者物価指数(8:30) 米2月中古住宅販売(23:00)
《決算発表》 米2月財政収支(3/23 3:00)
サツドラHD、オプトエレクト 《米決算発表》
  ティファニー


★レーティング情報チャート表示のリンクはしませんので注意。
1605 国際帝石HD
3/13 SMBC日興 1継続 1280円→1400円
1820 西松建
3/13 みずほ 中立継続 2800円→2720円
1893 五洋建
3/13 みずほ 中立継続 665円→590円
1928 積ハウス
3/13 みずほ 中立継続 1800円→1850円
2148 ITメディア
3/13 いちよし B継続 800円→500円
2327 新日鉄ソリュ
3/13 JPモルガン Underweight継続 2400円→2700円
2427 アウトソシング
3/13 SMBC日興 2継続 1700円→1500円
2897 日清食
3/13 みずほ 中立継続 7300円→7900円
3269 アドバンスR
3/13 野村 Neutral継続 326000円→325000円
3679 じげん
3/13 いちよし A継続 1100円→900円
4004 昭電工
3/13 岩井コスモ A継続 8180円→7600円
4005 住友化学
3/13 UBS Buy継続 820円→740円
4063 信越化
3/13 SMBC日興 1継続 11580円→11840円
4612 日本ペ
3/13 みずほ 中立継続 3700円→4300円
4633 サカタINX
3/13 岩井コスモ 新規A 1500円
4704 トレンド
3/13 ジェフリーズ Hold継続 6650円→5850円
5541 大平金
3/13 大和 3継続 3010円→3050円
5801 古河電
3/13 野村 Buy→Neutral格下げ 4090円→3320円
5802 住友電
3/13 野村 Buy継続 1870円→1810円
5949 ユニプレス
3/13 モルガンS Underweight継続 1800円→1550円
6273 SMC
3/13 みずほ 中立継続 35000円→34000円
6367 ダイキン
3/13 ジェフリーズ Hold継続 16000円→13900円
6479 ミネベア
3/13 みずほ 買い継続 2700円→2300円
6481 THK
3/13 シティG 2→1格上げ 2700円→3200円
6503 三菱電
3/13 マッコーリー Neutral→OP格上げ 1500円→1650円
6592 マブチ
3/13 モルガンS Overweight→Equalweight格下げ 4200円→4000円
6594 日電産
3/13 みずほ 買い継続 20000円→17500円
6651 日東工
3/13 いちよし A継続 2400円→2800円
6857 アドバンテスト
3/13 ジェフリーズ Buy継続 2800円→3000円
7011 三菱重
3/13 JPモルガン Underweight→Neutral格上げ 4100円→5100円
7181 かんぽ生命
3/13 大和 2継続 2900円→2600円
7220 武蔵精密
3/13 モルガンS Equalweight継続 1500円→1550円
7240 NOK
3/13 モルガンS Equalweight継続 1600円→1700円
7251 ケーヒン
3/13 モルガンS Equalweight→Underweight格下げ 2000円→1600円
7278 エクセディ
3/13 モルガンS Underweight→Equalweight格上げ 2500円
7716 ナカニシ
3/13 いちよし A継続 3200円→3000円
7729 東京精
3/13 三菱UFJMS Buy継続 5000円→4000円
7966 リンテック
3/13 SMBC日興 2継続 2750円→2530円
7988 ニフコ
3/13 モルガンS Equalweight継続 2600円→2550円
8227 しまむら
3/13 みずほ UP継続 7100円→6300円
8729 SONYFH
3/13 大和 3継続 2300円→2000円
8750 第一生命
3/13 大和 2→3格下げ 2500円→1700円
8795 T&DHD
3/13 大和 2→3格下げ 2000円→1300円
8951 日ビルF投資
3/13 みずほ 中立継続 680000円→740000円
8967 日本ロジスF
3/13 野村 Neutral継続 245000円→251000円
9064 ヤマトHD
3/13 モルガンS Underweight継続 2200円→2300円
9143SGホールディングス
3/13 モルガンS Equalweight継続 2700円→3000円
9401 TBS
3/13 三菱UFJMS Overweight継続 2700円→2830円
9404 日テレ
3/13 メリル 中立→UP格下げ 1900円→1500円
9432 NTT
3/13 野村 Buy継続 6290円→6230円
9433 KDDI
3/13 野村 Buy→Neutral格下げ 3170円→2920円
9437 NTTドコモ
3/13 野村 Buy継続 3010円→2830円
9830 トラスコ中山
3/13 三菱UFJMS Overweight継続 3800円→4500円
9843 ニトリ
3/13 JPモルガン Overweight継続 17600円→16000円
9983 ファーストリテ
3/13 みずほ 買い継続 65000円→60000円
9984 ソフトバンク
3/13 野村 Buy継続 13450円→14590円


★ここに掲げた有価証券投資は大きな収益が期待できる反面、価格の変動などによりリスク(収益の不確定さ)を伴いますので弊社が行う全ての助言サービスが確たる収益を約束するものでない点をお客様ご自身が充分ご理解頂きますようお願い致します。

★こんなCMが流れています。
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/mama/
このCMを見て働く若い女性の待機児童施設や子供支援の政策を政府に期待する気持が強くなりました。このような一生懸命の女性を大丈夫と包む応援が少子化対策にもなると考えます。
久しぶりに感動し心に残るCMをこの企業は製作したと思っております。

★気分転換
モーターパラグライダー
https://www.youtube.com/watch?v=GLpHSDg9XHk


★株式投資で勝ち組になる為の銘柄選定までの過程
1.世界の株価を動かす変動要因はどうか
①各国の景気と経済対策(サブプライム・モノライン問題)
②各国の金利金融政策とインフレ動向
③為替変動(円安・円高のレンジ)と貿易収支(外貨準備高)
④原油動向と商品市況(金、プラチナ、貴金属、穀物相場)
⑤国内外の政治情勢、社会情勢
⑥法律改正(規制緩和、関税率)
⑦G8、先進国首脳会議の議題
⑧貿易摩擦
⑨機関投資家の資金運用規模・成果・決算内容
★資金の流れ、今後資金は入ってくるのか、出て行くのか。株式相場は全員が全員強気になった時が天井、逆に総弱気になった時が大底を形成する

2.これからの世界のテーマ、国策は何か
①現在の業績よりも1年後、2年後伸びる業種は何か
②TOB、M&A(買収)したいほど魅力がある企業か
③技術革新に前向きか
④財務内容、開発力、技術力、製造力、販売力、信用度があるか
⑤経営者、社員の資質、士気はどうか
⑥増配、減配など配当政策、株主優待還元政策はどうか
⑦財務諸表・損益計算書の単独と連結決算の推移はどうか
★大事な点は現在よりも今後の事業展開・業績推移で世界のニーズに乗る事が理想

3.株式の指標と投資尺度はどうか
①投資企業の上場の市場指数(1部、2部、店頭、マザーズ、ヘラクレス)
②株価指数(東証株価指数、規模別指数、業種別指数)
③単純平均株価、加重平均株価
④騰落レシオ(6.10.15.25)、騰落銘柄数
⑤市場PER,PBR
⑥売買代金、出来高、出来高回転率(日数)
⑧信用買い残、売り残の推移(信用取組、空売り比率)
⑨配当、配当利回り(所有期間利回り、総合利回り)
⑩罫線(ローソク足、新値足、逆ウォッチ曲線、一目均衡表、ポイント&フィギュア、コボック買い指標OBV線、サイコロジカルライン、レシオ・ケーター、
ボリュームレシオ、RCI,RSI,DMI,MACD,パラボリック、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、強弱レシオ、価格帯出来高などなど)
★自身の希望的観測ではなく、冷静に指標と株価動向の分析が必要

4.株式全体の内部要因と需給関係はどうか
①投資主体別売買動向(外国人、国内金融法人、事業法人、投信、個人)
②225先物裁定買い残高とロールオーバーの推移
③三市場買い残、売り残の推移と信用期日(金額と株数)

5.株価の人気度はどうか
①株価は美人投票、自分が良いと判断し今後多数が賛同する企業となるか
②大手研究所、証券会社の営業戦略は
③国内外証券のレーティング情報
④機関投資家・大口投資家の大量保有報告書動向
⑤相場全体の流れ、テーマ

6.材料(決算、提携など)発表の日程と相場のシナリオはどうか

7.最後に投資家(貴方)自身の分析力と決断力はどうか

★ご縁のある投資家の方々にお知らせ
個人投資家の大部分が新聞、雑誌、無料ネットページなど誰もがご覧になっているもので売買して損を繰り返しています。誰もがご覧になる新聞、無料ネットは真の情報とはいえません。株式相場で10万円、20万円の損失はあっという間に発生している投資家は多いと判断しています。転ばぬ先の杖で個人投資家の方々も真の調査、分析、情報の武器を持つことを検討して下さい。

  ★会員専用サイトの情報提供内容
1. 本日の相場見通し(立会日毎日8時30分頃更新)
 NY市場の動向から日本市場の動向・展望と戦略を一番にお知らせします。225先物売買動向、オプション取引に直ぐに役立つ戦略です。夕方の展望と戦略よりいの一番です。
2.  ポラリス特選銘柄(毎週末立会日昼に更新)
  短期、中期、長期有望株の紹介。材料、業績見通しだけでなく、買い場ゾーン、売り目標、万が一の時のロスカットなど活きた資金運用を心掛けた特選銘柄です。塩漬け投資はしません。
3  市場情報・個別銘柄情報(立会日毎日随時更新) 
 市場で今後話題になる銘柄の材料と仕掛け筋の評価を掲載します。情報を知らずに売ってから上がった、持続していたら下げられた、こんな苦い経験が少なくなります。
4.  大量保有報告書(立会日毎日夕方更新)
 機関投資家・企業・投資ファンドなど大口投資家が何をどの位買っているのか、売っているのかが一目で判明します。
5.  レーティング(格付け)情報(毎日昼頃更新)
 大手経済研究所、大手証券の個別株の格付けと目標値段をその日のうちに掲載。格下げ格上げで株価も大きく変動します。新聞掲載は翌日掲載となりますが、弊社は立会い中に掲載します。
6.  戦略銘柄とテーマ 
 相場の流れ・テーマを捉える事、資金の流れを捉える事は先ず大事な点。これからのテーマは何か!ズバリ解説します。悪材料の内容、好材料の内容を詳しく知る事が出来ます。毎日読めば経済の専門家になります。


★ 人の道
忘れてならぬものは   恩義
捨ててならぬものは   義理
人にあたえるものは   人情
繰返してならぬものは  過失
通してならぬものは   我意
笑ってならぬものは 人の失敗
聞いてならぬものは 人の秘密
お金で買えぬものは   信用

★ 心のもち方
一、 腹を立てるより許すほうがよい
二、 憎むより愛する方がよい
三、 不平を言うより感謝する方がよい
四、 愚痴を言うより喜ぶ方がよい
五、 力むより任せる方がよい
六、 威張っているより謙虚な方がよい
七、 嘘をつくより正直な方がよい
八、 喧嘩をするより仲よくする方がよい

日時: 2019年03月13日 15:53